船舶向けガラス研磨再生サービス

船のガラスに付着した潮は・・・

海水中には、ガラスと同じ材質のシリカ(珪素)が含まれており、これがガラスに付着すると、洗剤や水洗いでは取り除く事が出来ません。長い間海上で使用しているとシリカが白い鱗のように付着し不透明度を増します。これは塩分ではないため、ナイフやサンドペーパーでこすっても落ちませんし、ガラスを傷つけることになります。

スケールが出来るまでのイメージ

安全な航行のために

海に浮かぶ釣り船

安全な航行を維持するために重要な役割を担っているのが操舵室のガラスです。特に、航行時に海が時化ている場合、ガラスにビッシリ付着した汚れやウロコを除去しないと事故の原因に繋がります。

船にはレーダーやGPSなどの設備機器が装備されてますが、それは目視できた状態での装備と思います。何重にも潮でウロコが強固になって視界が狭くなり、事故の原因に繋がるのを防ぐためにも、一度ガラス研磨再生でリセットし汚れが付着し難いガラスにすることで、安全な航行をして頂ければと思っております。

船舶ガラスの汚れの本質を知り尽くした、最高の磨き品質でお客様のご期待にお応えします。

  • 操舵室のガラス左側面
  • 操舵室のガラス正面
  • 船の全景正面アップ
  • 操舵室のガラス右側面
  • 船の全景正面
  • 船の全景斜め前から
  • 操舵室正面
  • 操舵室のガラスアップ1
  • 操舵室のガラスアップ2

G,T,O,Sが叶えます

  • 操舵室のガラスに付着した汚れウロコを除去したい!OKです
  • ウロコが強固になっているけど除去できるの?OKです
  • アフターフォローや定期メンテナンスもしてもらいたい!OKです
  • なるべくガラス交換はしないで再生したい!OKです

研磨再生で、ここまで綺麗になります

ガラス交換と比べると圧倒的にコストダウン!

ガラス交換と研磨再生のコスト比較図

ガラス交換した場合の費用が高額なのはご存知ですか?

ガラス交換の場合、当然ですがガラス代と輸送費が発生します。また、特注ガラスの場合には、更に高額となります。

一方、ガラス研磨再生の場合には、ガラス代と輸送費が不要なため、ガラス交換と比べると圧倒的なコストダウン効果があります。

それでも、あなたは高額な交換費用を支払いますか?

ガラス研磨再生によるメンテナンスを定期的に行っていれば、コストを抑えながらも常にガラスを綺麗な状態に保つ事ができるのです。

ガラスのお悩み、何でもお気軽にご相談ください

― 安心損害保険対応 ―
作業により破損があった場合には全額弁済致します。

お問合せ・お見積りはこちら