【独立】ハウスクリーニング受注価格の実態とは?独立・開業の前に確かめたいこと

ハウスクリーニングのニーズが年々拡大しています。

2020年には東京オリンピックを控え、民泊事業の増加や超高齢社会、人手不足による清掃依頼が増えているのも現実です。

さらに、業界未経験でも気軽に参入できることをうたったハウスクリーニングフランチャイズ事業者の存在も大きく、「未経験だけどなんとか稼げるそうだし、ハウスクリーニングをやってみようかな」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

気軽に参入できる一方で、ハウスクリーニングの受注価格をご存知ですか?

実は、業界未経験のみなさんがお考えのようなにっこりとする価格ではありません。

ここでは、ハウスクリーニングの実績が10年以上、現在は「ガラス研磨・再生サービス」を展開する弊社が、ハウスクリーニングの受注価格の実態をご紹介します。

これからハウスクリーニング業界への転職をお考えの方も、ぜひ参考にしてください。

ハウスクリーニングにおける受注価格の実態を調査

ハウスクリーニングにおける受注価格の実態をご覧ください。

以下は、「ワンルームの空室クリーニング」を請けた場合の、エンドユーザー・下請け業者別の受注価格相場です。

ワンルーム空室クリーングご依頼者 受注価格相場
エンドユーザー 28,000〜32,000円(交通費は別途)
下請け業者 11,000〜15,000円(交通費込み)

ワンルームもクリーニングをするのだから、それなりの費用を受注できるとお考えの方には、ショックかもしれません。

しかし、競合他社の調査をしても、受注価格の相場は上記の通りです。エンドユーザーからクリーニングの依頼を受けても最大で3万円ほどなのです。

また、ワンルームのクリーニングにかける時間は、最低でも6時間はかかります。

この最低とは、ある程度ハウスクリーニングの作業に慣れてきてからという意味です。

フランチャイズに加盟し独立したての頃は、段取りもしっかりできず最低でも8時間は必要です。

いかがですか?

上記表にあるように、下請け業者から仕事を受けてしまうと8時間作業をしても、15,000円の報酬しか得られません。

時間給にすると、わずか1,800円程度です。

これに加えて、実際には交通費や駐車代金がかかりますから、そう考えると1日のアルバイト程度のお給料ですよね。

1件1万円前後しか稼げないため、最低でも2件の物件をこなさないと、利益を残すことができないのです。

独立したての方が、2件のハウスクリーニングをこなすということは、16時間はかかります。クリーニングに慣れている人でも、12時間です。

また、状況によってはお客様からのクレーム対応もしなければならず、場合によっては施工し直しもあり得ます。

そうなってくると、体が疲弊するばかりで、利益を出せない状態になってしまいますよね。

ハウスクリーニング業界は、参入はしやすいのですが、それだけに単価が安く継続して売り上げるには、大変な苦労が必要なのです。

水回り3点セットの受注価格相場

空室クリーニング以外の相場についてもみていきましょう。

以下の表は一般のご家庭からの依頼も多い、キッチン・浴室・トイレの「水回り3点セット」の受注価格相場になります。

水回り3点セットご依頼者 受注価格相場
エンドユーザー 36,000〜39,800円(交通費は別途)
下請け業者 14,000〜18,000円(交通費込み)

水回り3点セットの受注価格相場は、ワンルーム空室クリーニングよりは高額となりますが、エンドユーザーと下請け業者では大きな開きがあります。

また、注意しなければいけないことは水回り3点セットは、1名で作業する場合最低でも6時間かかります。

この6時間とは、ハウスクリーニング業務の経験がある方で6時間という意味です。

1名で作業をすれば、それなりの報酬にはなりますが、実際1名で行うことは稀です。

と言うのも、作業に6時間もかけているとお客様宅への滞在時間が増えてしまいます。

これによりお客様のプライベートに影響を及ぼし、「時間のかかる業者」として、最終的にリピートに繋がりません。

このような理由から、通常在宅で水回り3点セットのハウスクリーニングを行う場合は、2名で作業をするのが一般的です。

2名で作業をすることで、約3時間で水回り3点セットのクリーニングができ、お客様宅への滞在時間も短くなり、結果としてリピートにつながりやすい状態になります。

水回りは、お客様にとっても使用頻度が高く、お客様も予定があり、お昼やお夕飯の準備などがあります。

ハウスクリーニングに時間をかけていると、お客様のサイクルも壊してしまうので、在宅で行うハウスクリーニングは「丁寧に迅速に」が基本。

ここで、問題が発生します。

2名で作業をするのはお客様にとってメリットですが、作業者にとっては1人分の報酬額が半額となってしまいますよね。

そうです、水回り3点セットの報酬は比較的高額ではありますが、最低でも1日2件程度の数をこなさなくてはいけません。

1日2件の水回り3点セットのお仕事受注は、繁忙期でもなければ大変難しいです。

ハウスクリーニングのフランチャイズ経営は十分な検討が必要

ここまで、ワンルーム空室クリーニングと在宅での水回り3点セットの受注価格相場についてご紹介しました。

その中で、ご理解頂けたかと思いますがハウスクリーニング業界は、フランチャイズへの加盟など、参入障壁は低いです。

しかし、その分参入者が多く市場競争が激化した結果、1件のご依頼単価も決して高くはありません。

ハウスクリーニングはたくさん仕事があるから、なんとかなるとお考えの方は、特に注意が必要なのです。

想像していた報酬が得られず、1日何件も仕事を獲得しなければならないことから、1年も続かず廃業に追い込まれる業者も多いのが実態。

約8割のハウスクリーニング業者が単価の安さに悩まれています。

ここでは、さらにハウスクリーニングのフランチャイズをお考えの方に、フランチャイズへの加盟における注意点をご紹介します。

初期投資が非常に高額

フランチャイズは、ハウスクリーニングにおける技術研修や、独立支援をしてくれるため良い印象しか持たない人も数多いですが、フランチャイズ本部に支払う開業資金が高額です。

あくまで目安になりますが、フランチャイズに加盟するだけで初期費用として250〜300万ほどがかかります。

▼さらに詳しくフランチャイズ加盟費用を知りたい方はこちら!

ハウスクリーニングにおけるフランチャイズ経営の実態とは?初期費用目安も

毎月ロリヤリティを本部に支払う

ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟すると、概ねロイヤリティとして4〜6万円を支払う必要があります。

独立当初で、売り上げも挙げられるか不透明なときに、毎月高額なロリヤリティを支払わらなければならず、経営を圧迫する方もおられます。

▼さらに詳しくロイヤリティ詳細を知りたい方はこちら!

ハウスクリーニングにおけるフランチャイズ経営の実態とは?初期費用目安も

交通費や駐車代金は自己負担

フランチャイズに加盟すると、営業車が手配されますが、依頼先に出向くときの交通費や、駐車場代は基本的には自己負担です。

さきほどもご紹介しましたが、独立当初は空室クリーニングだけでも、1件あたり8時間もかかり、15,000円しか頂けないこともザラにあります。

このような場合、交通費や諸経費も含めると1日2件以上仕事を受けないと、経営が成り立ちません。

フランチャイズの加盟は、開業資金も高額ですし、それをまかなうために単価の安い仕事を数多くこなさなくてはならず、体力も疲弊します。

▼さらに詳しくフランチャイズ加盟費用を知りたい方はこちら!

ハウスクリーニングにおけるフランチャイズ経営の実態とは?初期費用目安も

ハウスクリーニングのお悩みは実績10年の弊社にご相談ください!

弊社は、ガラス研磨・再生サービスの独自技術を展開しておりますが、それ以前は、10年以上清掃会社としてハウスクリーニング業界の実績がございます。

どこよりも業界の事情を把握しているからこそ、ハウスクリーニングのフランチャイズ加盟が難しいことも承知しています。

現在、弊社ではこのようなフランチャイズへの独立の夢や目標を持っている業界未経験の方を対象に、「無料相談会」を実施しています。

弊社では、一切フランチャイズ経営はしていないにも関わらず、なぜフランチャイズで独立を目指している方の無料相談を実施しているのか。

その理由は、多くの人が抱くハウスクリーニング特にフランチャイズ経営への認識のギャップを埋めるためです。

ネット上には、フランチャイズ加盟に対するメリットや魅力的な文言ばかりが先行し、ほとんどデメリットが記載されていません。

しかし、ハウスクリーニング業界に長く身を置いてきた弊社としては、その状態こそ、安易な参入を促す原因でもあると考えています。

弊社の無料相談では、ハウスクリーニングのフランチャイズに対する現状や、状況を詳細にお伝えします。

安易に参入し、フランチャイズで後悔しないためにも、一度お気軽にご相談してください。

ハウスクリーニング業界の実態を知ってからでも、フランチャイズへの加盟は遅くはありません。

まずは、独立へのお悩みをご遠慮なくご相談ください。

▼弊社、無料相談会でハウスクリーニングの悩みを相談する!

無料相談会に参加する

まとめ

参入しやすいハウスクリーニング業界には、多くの方が夢を抱き独立を目指します。

しかし、フランチャイズという仕組みや業界事情を把握すると、そう簡単に売り上げを上げることができないということも理解できます。

まずは良い話しばかりに飛びつかず、業界のことを知りましょう。その際には、ぜひ弊社をご活用して下さるとお悩みに寄り添えるかもしれません。

本記事が、少しでも読者の皆さんの不安解消につながるきっかけとなれば幸いです。

▼弊社、無料相談会でハウスクリーニングの悩みを相談する!

まずは無料相談会に参加する