1. HOME
  2. ブログ
  3. ガラスうろこ
  4. ハウスクリーニング業者の浴室ガラス掃除で酸焼けが発生!?その理由と解決策

BLOG

ブログ

ガラスうろこ

ハウスクリーニング業者の浴室ガラス掃除で酸焼けが発生!?その理由と解決策

酸焼けガラス

毎日使う浴室ガラス。

頑固な汚れに対しては、重曹を使用したり、クエン酸を使ったお掃除をしてみたりとさまざまな工夫をされている方が多いです。

しかし、こういった工夫をしても汚れが落ちない場合、ハウスクリーニング業者を利用する方も多いのではないでしょうか。

近年、値段もおさえられ気軽に利用できるハウスクリーニングは、忙しい方には大変重宝されます。

しかし、中にはハウスクリーニング業者に浴室ガラス掃除をしてもらったところ「かえって汚れが目立ってしまった」という事例がございます。

なぜ清掃のプロであるハウスクリーニング業者に依頼したのに、汚れが目立ってしまったのか。

本記事では、元清掃業者で現在はガラス研磨を専門としている株式会社アイランドシーが、お客様の実体験をもとに、ハウスクリーニング業者を利用して汚れが悪化してしまった理由をご紹介します。

また、ハウスクリーニング業者を利用すべき状況とそうでない状況を詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

本記事をご覧いただくことで、自分ではどうにもならない浴室ガラス掃除を各プロに依頼する基準が分かります。

そもそも浴室ガラスが汚れる原因とは

酸焼けガラス

浴室ガラスが汚れる原因は大きく分けて、次の2つです。

  • 水道水に含まれるミネラル成分
  • 石鹸カス

1つずつ解説します。

水道水に含まれるミネラル成分

私たちが普段利用している水道水には、カルシウム、ケイ素、マグネシウム等の豊富なミネラル成分が含まれています。

このミネラル成分が含まれた水をシャワーとして使うわけですが、実はその水滴をきちんとお掃除できていないと、乾燥する過程で結晶となります。

そう、これが皆さんが良く目にする白いウロコというわけです。

通常、ミネラル成分によって生じた白いウロコは、お風呂用中性洗剤できちんとお掃除すれば、解消されます。

しかし、白いウロコを長時間放置してしまう、または中性洗剤使用後のすすぎが不十分ですと、ウロコが残ったままの状態に。

放置されたウロコは、さらにミネラルの沈着や皮脂と混じり合い頑固になります。

ここまで汚れが強固になると、アルカリ性のウロコに効果を発揮する、クエン酸などの酸性洗剤を使用しないと落ちないことも。

またさらに強力な汚れが発生している場合には、酸性洗剤でもどうにもならない場合があります。

石鹸カス

浴室ガラスが汚れる原因には、石鹸カスも関係しています。

石鹸カスとはその名の通り、シャンプーやボディーソープに含まれる石鹸の成分が付着した汚れのこと。

浴室ガラスだけでなく、蛇口・シャワーなど浴室の至るところに発生しやすいです。

石鹸カスもウロコと同様に、掃除しきれずに放置されることで、より頑固な汚れに移行します。

また、石鹸カス自体はアルカリ性の汚れが中心ではありますが、皮脂などと混じり合うと酸性汚れが目立ちます。

こういった場合には、アルカリ性が中心となる重曹などで汚れを解消可能。

しかし、ウロコと同じように長時間放置してしまうと、より汚れが強固となり、通常のお掃除では太刀打ちできません。

浴室ガラスが汚れる原因の多くは「ミネラル成分」「石鹸カス」が中心で、通常なら中性洗剤で綺麗に落とせます。

しかし、頑固な汚れになるとミネラル成分には、「クエン酸」、石鹸カスには「重曹」を使用しなければ、落とすことはできません。

また、クエン酸・重曹を使用しても汚れが落ちない場合には、ご家庭のお掃除では対応しきれないことも理解しましょう。

>>ご家庭でできる浴室ガラス掃除の具体的な手順はこちら

ハウスクリーニング業者の浴室ガラス掃除で酸焼けが発生!?その理由

酸焼けガラス

さきほどご紹介した通り、浴室ガラス掃除でクエン酸や重曹を使用しても、頑固な汚れが取れない場合にはご家庭では対処できません。

このような状況では、多くのご家庭がハウスクリーニング業者への依頼を検討されるかと思います。

確かに、ハウスクリーニング業者はお掃除のプロですので、浴室クリーニングなどではとても綺麗に対処してもらえます。

しかし、弊社の元へご相談にこられたお客様の中には、ハウスクリーニング業者へ依頼したのに、かえって浴室ガラスが悪化してしまったというケースも。

具体的には、現調に伺うと「酸焼け」と呼ばれるガラストラブルが発生していました。

酸焼けとは、ガラス表面に酸性洗剤を使用後、成分が完全に洗い流されないことで付着し、太陽光や蛍光灯などの熱と化学反応を引き起こした状態です。

ガラスが焼けてしまい、見た目ではガラスが白く濁った状態に見えます。

これは、酸性成分がガラス表面より徐々に浸透し、内部まで侵食している状態ですので、ガラスをいくら拭いても落とすことはできません。

ではなぜハウスクリーニング業者に依頼し、酸焼けが発生してしまったのでしょうか。

ハウスクリーニング業者によって酸焼けが発生してしまった理由

では核心に迫ります。

ハウスクリーニング業者が、酸焼けを引き起こしてしまった理由は、頑固なウロコや水垢を取ろうと「強力な酸性洗剤」を使用したことが要因でした。

今回のケースでは、フランチャイズに加盟されているハウスクリーニング業者が本部から配布される酸性洗剤を使用。

強力なウロコを除去するために酸性洗剤を使用すること自体は、問題はありません。

しかし、使用後に浴室ガラスを十分に洗い流さないと、酸性成分がガラスに付着し、酸焼けを引き起こしてしまうわけです。

また、ハウスクリーニング業者は、軽度なウロコや水垢を除去するお掃除技術を持ち合わせていますが、ガラス内部に侵食する頑固な汚れは得意としておりません。

これは、汚れがガラス内部に侵食してしまうことで、お掃除という領域では対応しきれないためです。

こういったケースでは、ガラス内部を綺麗にするガラス業者の領域となるケースが多いです。

総括すると、ハウスクリーニング業者がお掃除の領域を超えて、ガラス汚れを取ろうとした結果、酸性洗剤に頼るしかなく、対処が不十分であったことから酸焼けが発生したケースだと判断できました。

ではこういったケースでは依頼者はどうすれば良かったのでしょうか。

次章で詳しくご紹介いたします。

浴室ガラスの頑固な水垢・ウロコ除去ならGTOSガラス再生研磨へ

ガラス研磨

今回ハウスクリーニング業者が、酸性洗剤の使い方を誤ってしまい、浴室ガラスに酸焼けが発生してしまいました。

ハウスクリーニング業者はお掃除のプロではありますが、ガラス自体のプロではありません。

「忙しくて浴室掃除が思うようにいかない」こういった場合に、お掃除のプロに依頼することはもちろん良いことです。

また、ガラス汚れに関しても軽度なウロコや水垢であれば、ハウスクリーニング業者で対応できるでしょう。

しかし、長年蓄積した頑固なガラス汚れ・ウロコ・水垢の場合、ガラスに細かい傷が同時発生していることが多く、ガラスに詳しい業者でないと対応できません。

このことから、ガラスの簡単なお掃除程度なら、ハウスクリーニング業者へ。

より具体的に、ガラスそのものの傷・ウロコ・水垢・酸焼けを除去する場合なら、ガラス専門業者へ依頼した方が間違いないでしょう。

ガラスに無数の傷やウロコ、水垢が同時に発生しているケースでは、酸性洗剤を使用すると、より傷や汚れが悪化するケースがあります。

弊社では、このような頑固な浴室ガラスのウロコや汚れ、酸焼けに対応する「ガラス研磨技術」を提供しています。

ハウスクリーニング業者ではリスクを伴う酸性洗剤に頼るしかない場合でも、弊社であれば洗剤に頼ることなく、「削る」+「磨く」という2つの先進的技法を組み合わせたガラス再生研磨技術を用いて解決。

ガラス研磨

浴室ガラスの透明度が蘇ります

当然、ガラス自体を交換することもなく、お客様の経済的なご負担も少ないです。

弊社の算出では、ガラスを交換する場合と比較し、1/4程度コストを削減できます。

頑固なウロコや水垢除去は当然のことのように修復し、酸性洗剤によって発生した酸焼け、深いガラス傷も徹底修復。

浴室ガラスのトラブルでお困りなら、GTOSグループへご相談ください。

また、ガラス研磨後に施工することで、水垢・ウロコ・汚れの再付着を永年防止する「新世代コーティング」と呼ばれるコーティングサービスも提供しています。

その後の浴室ガラス掃除がラクになるだけでなく、ウロコや水垢が再付着しにくいため、綺麗な状態を維持できます。

ぜひ、以下のお問い合わせリンクより、ご相談内容をご記入ください。

▼高い技術力でガラスに関するお悩みを解決!

before・after画像

弊社:ガラス再生研磨・新世代コーティング施工例

ガラスのお悩み、何でもお気軽にご相談ください!

― 安心損害保険対応 ―

作業により破損があった場合には全額弁済致します。

お問合せ・お見積りはこちら

温泉施設・ホテル等嬉しいお客様の声はこちら!

お客様の嬉しいお声はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

single