1. HOME
  2. ブログ
  3. ガラスうろこ
  4. 修繕工事でガラスに異変が!深いガラス傷・酸焼け・塩害ならGTOS「ガラス研磨」へ

BLOG

ブログ

ガラスうろこ

修繕工事でガラスに異変が!深いガラス傷・酸焼け・塩害ならGTOS「ガラス研磨」へ

マンションの大規模修繕工事などで、共用部分のガラスやサッシの交換が行われることがありますが、その際に問題になるのが外壁塗装などをした際に、酸性洗剤が新品の窓ガラスに付着してしまうこと。

実はマンションに限らず、新築住宅や修繕工事を施工すると、よく弊社にお問い合わせがございます。

窓ガラスに酸性洗剤が付着してしまうと、綺麗なガラスが酸性成分で焼けてしまい白く変色してしまうのです。

取り替えたばかりのガラスであれば、再度交換するにも費用面で負担がかかりますから「なんとかしてほしい」と依頼があるのです。

本記事では、大規模修繕工事の際に発生しやすいガラスのトラブルについてご紹介するとともに、それらのトラブルをガラス交換なしで解決する弊社「ガラス研磨技術」もご案内致します。

ガラス修繕工事で起こりうるガラストラブル

ガラスの修繕工事や、マンションや商業施設の大規模修繕現場でよく起こりうるガラストラブルをまとめました。

実際にガラス研磨サービスを専門とする弊社に寄せられることの多い、トラブルに基づきご紹介します。

酸焼け

酸焼けとは、ガラス表面に酸性成分が付着することで、太陽光と化学反応を起こし、ガラス表面が白く焼けてしまう現象のこと

ガラスの修繕工事、大規模修繕工事においては、外壁塗装の際に、酸性薬品を使用することがあります。

外壁の汚れを落とすには、非常に効果的なのですが、酸性薬品がうまく洗い流されずに窓ガラスに付着してしまうケースが多いです。

酸性薬品が窓ガラスに付着したまま放置されてしまうと、ガラス表面を侵食し、白く変色します。

このような酸焼けは、化学反応によって起こりますので、単なる汚れではなく、ガラス表面をいくらお掃除しても取り除くことはできません。

外壁塗装や大規模修繕工事などを施工すると、必ずといって良いほど、弊社にも「ガラスが変色してしまった」とのお問い合わせが増えるのです。

また、修繕工事で発生するガラスの酸焼けは、1枚だけでなく複数枚に及ぶことが多く、工事業者としてもガラス交換をする負担は大きく、弊社のようなガラス交換なしで修復できるガラス研磨業者は大変重宝されます。

塩害

海沿いのマンションや商業施設、一般住宅に多い窓ガラス汚れが塩害です。

修繕工事の際に発生するというよりは、窓ガラスのメンテナンスを怠っていたマンション等ですでに発生しており、修繕工事をする際になんとか修復できないかといった依頼があります。

窓ガラスにただ海水が付着して、塩の結晶がこびりつく程度なら、十分な水で洗い流すことで問題はありません。

しかし、ガラスに付着した海水が蒸発する過程で、太陽光や空気中のガスと化学反応を起こし、酸焼けのようにガラス表面を侵食してしまうことがあります。

修繕工事予定のマンションなどで、長年ガラスのメンテナンスを怠った場合に強固な塩害が発生しやすく、一度塩害に移行してしまうと、ガラスが侵食するため、単なる清掃では落とすことができません。

こういった場合に、ガラスを全て新品ガラスに交換すれば話しは早いかもしれませんが、修繕工事業者にも工期やコストへの配慮があり、なんとか短期間で予算を抑えてガラスを綺麗にしたいというのが本音です。

全てのガラスを交換した場合ですと、ガラス本体代・施工費・出張費・夜間や早朝料金・輸送費などがかかりますので、コストも期間も膨らみます。

弊社のようにガラス交換なしで、既存のガラスを新品同様に修復できるガラス研磨技術であれば、ガラス本体代や輸送費がかからず、大幅にコストを削減できるのです。

飛散物や落下物によるガラス傷

修繕工事が大規模の場合、当然ながら工期がかかります。

足場を組んでしっかりと対策は講じるものの、昨今の自然災害等で足場が崩壊したり、飛散物や落下物等により窓ガラスにヒビが入ったりと、なんらかのトラブルに見舞われる場合があります。

こうした場合に、完全にガラスが破損してしまうと私たちガラス研磨業者でも太刀打ちはできないのですが、軽いヒビや飛び石傷のようなものであれば、ガラス交換をすることなく完全修復可能です。

酸焼けや塩害による窓ガラスの修復と比較すれば、あまり件数は多くはないですが、修繕工事ではこのようなトラブルの依頼もあります。

修繕工事で発生するガラスのトラブルにはGTOS「ガラス再生研磨技術」

今回ご紹介したようなマンションや商業施設等の修繕工事では、意図せず、外壁塗装の際に、窓ガラスに酸性薬品が付着してしまったなどのトラブルが多いです。

このような場合に、ガラス交換をすれば話しが早いと考えるかもしれませんが、修繕工事業者にも工期やコストがあり、早急にガラスを元通りにしたいのが本音ですよね。

そのような場合には、弊社「ガラス再生研磨技術」へお気軽にご相談ください。

ガラス交換をすることなく、ガラス表面が白く変色する「酸焼け」や「塩害」、深いガラス傷であっても修復可能です。

特に弊社は、大規模修繕工事でのガラス研磨実績が豊富で、大手からの依頼もございます。

酸焼けや塩害、深いガラス傷を全てガラス交換でまかなうことは、費用や工期がかかり現実的ではありません。

弊社は、ガラス研磨専門に窓ガラス掃除業者では対応できない酸焼けや塩害といった特殊な汚れも専門技術を用いて、ガラス交換なしに修復可能です。

具体的には、窓ガラス掃除業者では落とせない頑固なウロコ・水垢・酸焼け・塩害といった特殊なガラス汚れが該当します。

たとえば、ガラス表面に付着した酸性成分による酸焼けは、実際には汚れではなく侵食や化学反応で引き起こります。

こうした状況ですと、清掃技術では落とすことはできません。

こういったガラスに関する特殊な汚れを、ガラス交換することなく解決するのが私たちのミッションです。

これまでなら、「ガラス交換でしか方法がありません」と言われた深いガラス汚れに関しても「ドライ工法」という特殊技術を応用し、完全修復可能。

ドライ工法は、ガラスの表面温度を130度と高温にして施工する技法のため、常にガラス破損のリスクが発生します。

通常のガラス研磨業者では、破損を恐れて導入することができません。

しかし、弊社は長年ドライ工法の実績がございますので、安心して深いガラス傷にも対応可能。

一度テスト施工が見てみたいなど、ぜひお気軽にご相談ください。

修繕工事の窓ガラスに汚れを再付着させない「新世代コーティング」

せっかくガラスを綺麗にしても、すぐに汚れが再付着してしまったら、ガラス研磨を施工した意味がありませんよね。

弊社ではこういったご要望に対応するため、ガラス研磨後に施工することで、永年ガラス汚れから守ってくれる弊社独自技術「新世代コーティング」を取り揃えています。

新世代コーティングは、下地処理をしっかり行うため、短時間でもガラス表面の目に見えない穴に、コーティング剤が浸透し、施工後約10分で指でも触れるレベルまで硬化します。

5時間あれば完全硬化するため、水垢やウロコ、汚れに触れないうちに綺麗なガラス表面を保持することが可能。

コーティングがすぐに剥がれ落ちる心配がなく、永年保護が可能で、他社にありがちな「2週間で汚れが再付着してしまった」ということがありません。

ガラス研磨技術とセットで施工すれば、より快適なガラスを維持できます。

修繕工事において多い窓ガラスのトラブルは、ぜひ弊社にお任せください。

ガラス研磨技術と合わせてご検討ください。

▼高い技術力でガラスに関するお悩みを解決!

弊社:ガラス再生研磨・新世代コーティング施工例

ガラスのお悩み、何でもお気軽にご相談ください!

― 安心損害保険対応 ―

作業により破損があった場合には全額弁済致します。

お問合せ・お見積りはこちら

温泉施設・ホテル等嬉しいお客様の声はこちら!

お客様の嬉しいお声はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

single