1. HOME
  2. ブログ
  3. ガラスうろこ
  4. マンション・窓ガラス掃除業者も困惑!ガラスの深い傷・変色・頑固な水垢はGTOSヘ

BLOG

ブログ

ガラスうろこ

マンション・窓ガラス掃除業者も困惑!ガラスの深い傷・変色・頑固な水垢はGTOSヘ

マンションの外側にある窓ガラス掃除に関しては、基本的にマンション管理会社が数ヶ月に1〜2回程度、窓ガラス掃除業者に依頼をしています。

しかし、新型コロナウイルスの影響により窓ガラス掃除を取り巻く環境が変化しており、実際に弊社のお客様からは、さまざまなお声が寄せられています。

本記事では、実際にお客様から寄せられた声をもとに、マンション窓ガラス掃除の現状や、窓ガラス掃除業者では落とせない頑固な汚れに対応する弊社「ガラス研磨技術」についてご紹介します。

マンション窓ガラス掃除業者と管理会社の関係

マンション外側にある窓ガラス共用部分は、基本的にはマンション管理会社が窓ガラス掃除業者に数ヶ月に1〜2回程度、お掃除を依頼します。

このお掃除によって、窓ガラス外側に付着したウロコ・水垢等の汚れを除去し、常に綺麗な窓ガラスを維持しているわけです。

数ヶ月に1〜2回とありますが、窓ガラス掃除の頻度は管理会社の意向によって異なります。

ガラス研磨専門業者である弊社からすると、窓ガラス外側は、常に水垢・ウロコ・ガラス傷・飛散物等のリスクと隣り合わせのため、できるだけ短いスパンでメンテナンスすることをおすすめしています。

コロナ渦で窓ガラス掃除業者を取り巻く環境にも変化が

さて、マンション管理会社が定期的に窓ガラス掃除業者に依頼をすることで、マンション窓ガラスの強度や綺麗さを保持しているわけですが、新型コロナウイルスによって大きく環境が変化していると聞きます。

具体的には、マンション管理会社の窓ガラス掃除に対する予算の問題で、新型コロナウイルスの影響を受け、窓ガラス掃除業者に依頼する回数が減っているということ。

これまでなら、数ヶ月に1〜2回は、窓ガラス掃除をしていたものが、年に1度きりなどの見直しを迫られています

このような経緯により、窓ガラス掃除業者への依頼が減り、掃除業者自体も打撃を受けているのが現状。

また、窓ガラス掃除の頻度が少なくなったことで、これまでなら容易に落とせたガラス汚れが強固になり、窓ガラス掃除業者だけでは落とせない状態に

単なる窓ガラスのウロコや水垢ではなく、場合によってはガラスに傷が入り、その傷に汚れが沈着しているような状況です。

さらに、窓ガラス掃除業者は、酸性洗剤を利用して、強固な汚れを落とそうと試みますが、酸性洗剤の成分によって窓ガラスに焼けが発生し、ガラス表面が白く変色してしまう「酸焼け」を招く場合も。

このように、窓ガラス掃除の頻度が減ったことで、汚れが強固になり窓ガラス掃除業者では対応できないといった現状が見られるそうです。

マンション窓ガラス掃除業者が対応できない汚れとは

コーティング

マンションの窓ガラス掃除頻度が減少したことで、汚れが強固になり、窓ガラス掃除業者では対応できない汚れが目立つようになりました。

では、具体的に窓ガラス掃除業者では落とせない窓ガラス汚れとは、どのようなものなのでしょうか。

酸焼け

酸焼けとは、ガラス表面に酸性成分が付着することで、太陽光と化学反応を起こし、ガラス表面が白く焼けてしまう現象のこと。

窓ガラス掃除においては、強固な汚れを落とすために酸性洗剤を使用し、充分に水で洗い流されず付着したままの状態で発生しやすいです。

酸焼けは、化学反応によって起こりますので、単なる汚れではなく、ガラス表面をいくらお掃除しても取り除くことはできません。

こういった場合には、弊社のようなガラス研磨専門業者によって、ガラス自体を削るしか方法がありません。

塩害

海沿いのマンションに多い窓ガラス汚れが塩害です。

もちろん海水が窓ガラスに付着した程度では、洗い流すことで、ガラス汚れを取り除くことが可能です。

しかし、ガラスに付着した海水が蒸発する過程で、太陽光や空気中のガスと化学反応を起こし、酸焼けのようにガラス表面を侵食してしまうことがあります。

長い間、ガラスのメンテナンスを怠った場合に強固な塩害が発生しやすく、一度塩害に移行してしまうと、ガラスが侵食するため、単なる清掃では落とすことができません。

こういった場合も、酸焼け同様に、ガラス研磨によって侵食部分を研磨する必要があるのです。

飛散物による深いガラス傷

マンションの窓ガラスは、面積が広い分、外からの飛散物が衝突するリスクが高いです。

特に、台風が発生しやすい地域では枝や石などが舞い、直接ガラスに飛んできます。

小さなガラス傷であれば、一般的なガラス業者でも対応できるかもしれませんが、深いガラス傷の場合にはガラス研磨の専門業者でないと修復できません。

また、こういったガラス傷の場合には、窓ガラス掃除業者では対応できず、どうしても放置されてしまいがち。

放置している間に、さらに傷口が広がり、気づいたときには深いガラス傷に移行してしまったというケースが多々見られます。

やはり、数ヶ月に1度は、ガラス汚れと同時に傷のチェックも必要ですね。

マンション窓ガラス掃除業者が対応できない汚れにはGTOS「ガラス再生研磨技術」へ

今回ご紹介したようなマンションの窓ガラス汚れは、メンテナンスの期間が空いてしまえばしまうほど、強固なものに。

一度このような状態に移行してしまうと、ガラスの水垢やウロコなどの一般的なガラス汚れではなく塩害や酸焼けなどの特殊な汚れに発展します。

実際に弊社が、現地調査したケースでも「マンションの窓ガラスウロコがひどいです」と依頼を受けて調査すると、ウロコではなく酸焼けだったということが。

もし、マンション窓ガラスのメンテナンスを長い間放置してしまったという場合には、一度ガラス研磨業者に診断してもらうことをおすすめします。

弊社は、ガラス研磨専門に窓ガラス掃除業者では対応できない酸焼けや塩害といった特殊な汚れも専門技術を用いて、ガラス交換なしに修復可能です。

具体的には、窓ガラス掃除業者では落とせない頑固なウロコ・水垢・酸焼け・塩害といった特殊なガラス汚れが該当します。

たとえば、ガラス表面に付着した酸性成分による酸焼けは、実際には汚れではなく侵食や化学反応で引き起こります。

こうした状況ですと、清掃技術では落とすことはできません。

こういったガラスに関する特殊な汚れを、ガラス交換することなく解決するのが私たちのミッションです。

これまでなら、「ガラス交換でしか方法がありません」と言われた深いガラス汚れに関しても「ドライ工法」という特殊技術を応用し、完全修復可能。

ドライ工法は、ガラスの表面温度を130度と高温にして施工する技法のため、常にガラス破損のリスクが発生します。

通常のガラス研磨業者では、破損を恐れて導入することができません。

しかし、弊社は長年ドライ工法の実績がございますので、安心して深いガラス傷にも対応可能。

一度テスト施工が見てみたいなど、ぜひお気軽にご相談ください。

マンション窓ガラスに汚れを再付着させない「新世代コーティング」も

せっかくガラスを綺麗にしても、すぐに汚れが再付着してしまったら、ガラス研磨を施工した意味がありませんよね。

弊社ではこういったご要望に対応するため、ガラス研磨後に施工することで、永年ガラス汚れから守ってくれる弊社独自技術「新世代コーティング」を取り揃えています。

新世代コーティングは、下地処理をしっかり行うため、短時間でもガラス表面の目に見えない穴に、コーティング剤が浸透し、施工後約10分で指でも触れるレベルまで硬化します。

5時間あれば完全硬化するため、水垢やウロコ、汚れに触れないうちに綺麗なガラス表面を保持することが可能。

コーティングがすぐに剥がれ落ちる心配がなく、永年保護が可能で、他社にありがちな「2週間で汚れが再付着してしまった」ということがありません。

ガラス研磨技術とセットで施工すれば、より快適なガラスを維持できます。

従業員様の負担軽減だけでなく、窓ガラスの清掃頻度を落としても、綺麗を維持できる特殊コーティングです。

ぜひ、ガラス研磨技術と合わせてご検討ください。

▼高い技術力でガラスに関するお悩みを解決!

弊社:ガラス再生研磨・新世代コーティング施工例

ガラスのお悩み、何でもお気軽にご相談ください!

― 安心損害保険対応 ―

作業により破損があった場合には全額弁済致します。

お問合せ・お見積りはこちら

温泉施設・ホテル等嬉しいお客様の声はこちら!

お客様の嬉しいお声はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

single