1. HOME
  2. ブログ
  3. ガラスうろこ
  4. 洗面台ガラスの傷や汚れ再付着防止ならGTOS新世代コーティングがおすすめ!

BLOG

ブログ

ガラスうろこ

洗面台ガラスの傷や汚れ再付着防止ならGTOS新世代コーティングがおすすめ!

弊社G,T,O,Sグループは、ガラス交換なしでガラスの深い傷・水垢・ウロコ・酸焼け・塩害を完全修復する「ガラス再生研磨技術」を提供していますが、その中でも一般住宅からダントツに多いご依頼が「洗面台ガラスの傷」です。

洗面台ガラスは、

水垢を落とそうとゴシゴシ擦ってしまったら傷ついてしまった

メラミンスポンジを使用したら傷がひどくなった

など、日常との関わりが深いからこそガラス自体が傷つきやすいのです。

弊社では、こういった洗面台ガラスの傷に対して、ガラス交換することなく、傷を完全修復するガラス研磨技術だけでなく、ガラス研磨後に傷や汚れを半永久的に寄せつけない「新世代コーティング」も提供中。

本記事では、洗面台ガラスの研磨後にとても相性の良い新世代コーティングの特徴についてご紹介します。

洗面台ガラスが傷つきやすい原因について

洗面台ガラスと、とても相性の良い弊社「新世代コーティング」についてご紹介する前に、洗面台ガラスが傷つきやすい原因についてご紹介します。

今回ご紹介する原因をできる限り避けることで、洗面台ガラスに関してメンテナンスの手間が減りますので、ぜひ参考にしてください。

ダイヤモンドパッドなど誤ったお掃除方法が原因

洗面台ガラスの水垢や、汚れ、ウロコ、ヘラカラー剤の付着を落としたいからと、近年流行している「メラミンスポンジ」を使用する方も多いですよね。

確かにメラミンスポンジを利用すると、一時的に汚れが落とせていると感じます。

しかし、実際にはこれらのお掃除グッズは、汚れを落としているのではなく、素材の硬度によって汚れを削り取っているとお伝えするのが正しいです。

プロが使用するメラミンスポンジは、硬度が調整されたものが多いのですが、市販のメラミン樹脂は硬度が高く、不用意に使用するとガラス本体を傷つけてしまいます。

たとえば、洗面台ガラスに使用すると私たちの目では汚れが綺麗に落ちているように見えますが、実際には樹脂の硬さによって、ガラス本体を傷つけながら、汚れを削りとっている状態。

また、洗面台ガラスにメラミンスポンジを使用すると、ガラス自体を削りとってしまうだけでなく、ガラス表面にコーティングを施しているものであれば、コーティングそのものが全て剥がれてしまいます。

コーティングが剥がれてしまえば、当然、ガラスを保護する層がなく、さらに傷つきやすい状態に。

このように、一見、汚れを綺麗に落とせるメラミンスポンジですが、安易に使用するとガラス本体を傷つけてしまうため、洗面台ガラスへの使用は注意が必要です。

ウロコや水垢が原因

洗面台ガラスが傷つきやすい原因について、誤ったお掃除方法のほかに、ウロコや水垢自体が直接の原因となる場合もあります。

ガラスに付着している水垢やウロコの成分には、水道水に含まれているミネラルやカルシウムが混じり合っています。

これらの成分が、ガラスに付着したまま乾燥し固着してしまうと、私たちの皮脂など酸性成分と混じり合い、より強力な汚れを形成。

通常なら、柔らかいスポンジで軽く拭き掃除を行えれば取れる汚れも、放置することで、より一層強力になり、ガラス表面から内部へ侵食します。

このとき、強力なウロコや水垢の結晶が、ガラス内部を傷つけてしまうのです。

このように、洗面台ガラスに水垢やウロコが付着している場合には、放置せず、できるだけ早期に除去することが必要。

酸性洗剤の誤った使用が原因

一般住宅の洗面台ガラスに付着したウロコや水垢が、なかなか落ちないと、酸性洗剤を使用する方も多いですよね。

確かに、酸性洗剤を使用すれば、水垢やウロコに含まれるアルカリ性の汚れに効果的です。

私たちガラス専門業者も、どうしても落ちない汚れに対しては、酸性洗剤を利用しますが、酸性洗剤の取り扱いは非常に難しく、使用時には注意が必要。

具体的には、酸性洗剤を使って洗面台ガラスの汚れを落とした後に、十分にガラス表面を水で洗い流さないと、ガラスに残された酸性成分によって、化学反応が起き「ガラス焼け」という状態に移行します。

ガラス焼けとは、酸性洗剤の酸性成分と、ガラスから溶け出した成分とが化学反応を起こし、太陽光や蛍光灯の熱や光でガラスが白濁してしまう現象のこと。

洗面台ガラスに酸性成分が付着しても、すぐに洗い流せば何も問題はありませんが、そのまま放置してしまうとガラス焼けに発展します。

一度、ガラス焼けに発展してしまうと、従来の拭き掃除ではどうすることもできず、ガラス研磨やガラス交換でしか解決することはできません。

ご家庭の洗面台ガラスは、ご紹介した3つの原因によって、傷がつきやすい状態となります。

ぜひ、洗面台ガラスをお掃除する際には、メラミンスポンジではなく、柔らかいスポンジで軽く擦る程度、優しく取り扱うように心がけましょう。

>>ご家庭でできるクエン酸を使用した洗面台ガラスのお掃除方法はこちら

どうしても落ちない洗面台ガラスの汚れにはGTOSガラス再生研磨へ

洗面台ガラスのウロコや水垢がどうしても落ちない

洗面台ガラスの表面が白濁してしまった

上記のような場合には、通常のお掃除では取れないことがほとんどです。

弊社G,T,O,Sグループの「ガラス再生研磨」サービスでは、洗面台ガラスに付着した頑固なウロコや水垢、ガラス焼けであっても、ガラス交換することなく完全修復可能!

「削る」+「磨く」という2つの先進的技法を組み合わせたガラス再生研磨技術を用いて、従来ではガラス交換でしか対応できなかったガラスの汚れや傷も全てお任せください。

比較的浅いガラス傷に対しては、水の力を利用してガラスに負担をかけることなく、優しく傷を除去する「ウェット工法」を使用します。

また、ウェット工法では対応できない化学反応によって生じる「ガラス焼け」等の深いガラス傷には、「ドライ工法」と呼ばれる特殊技術で完全修復。

ドライ工法は、ガラスの表面温度を130度まで上昇させて傷を消す専門技術ですが、温度上昇によりガラスが膨張しますので、ガラス破損のリスクを伴い、実績のあるガラス業者でしか導入することはできません。

弊社、G,T,O,Sグループでは、長年ドライ工法について研究と実績を重ねて参りましたので、ガラス破損をすることなく、ドライ工法を導入可能。

洗面台の深いガラス傷や、水垢、ウロコは弊社にとっては、修復できて当たり前です。

長年培ってきた実績と経験を持って、1つ1つ丁寧に施工しております。

より詳しく、G,T,O,Sグループのガラス再生研磨技術について知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

>>ガラス研磨の専門家G,T,O,Sとは|一般住宅・旅館・ホテル・温泉施設・大規模ビルも完全対応

洗面台ガラスの傷や汚れ再付着防止ならGTOS新世代コーティング!

before・after画像

洗面台ガラスに付着した頑固な水垢やウロコ、ガラス傷を除去できる弊社「ガラス再生研磨技術」は、さきほどもご説明した通りですが、その他にぜひおすすめしたい「新世代コーティング」サービスがございます。

ここでは、弊社「ガラス再生研磨技術」とセットでおすすめする「新世代コーティング」の特徴についてご紹介します。

新世代コーティングとは

新世代コーティングとは、しっかりと下地処理を行い塗布することで、施工後約10分で乾き始めるという圧倒的速乾性が魅力の弊社独自のコーティング剤。

通常硬化まで約5時間で済み、密着性の高いコーティング剤の特性と、丁寧な下地処理によって汚れの再付着を永年防止します。

よく「他社のコーティングが2週間で剥がれてしまった」というお客様に遭遇いたしますが、その原因の多くは丁寧に下地処置を行なっていないことが原因。

どんなに優れたコーティング剤でも、下地処理が粗いとコーティングの密着性が低下します。

G,T,O,Sでは、このようなことがないよう丁寧なガラス研磨による下地処理と、新世代コーティングによる密着性の相乗効果により、半永久的に汚れが付着しません。

施工後1年8ヶ月経過したお客様からも、全く汚れが付着せず、大変嬉しいお声を頂いています。

新世代コーティングを施工するメリットは?

洗面台ガラスに新世代コーティングを施工するメリットは、汚れが永年再付着しにくいという点だけでなく、その後の洗面台ガラスのお手入れが格段に楽になります。

具体的には、下地であるガラス表面は弊社のガラス研磨技術によって、綺麗に整っておりますので、そもそも汚れが再付着しにくいです。

また、万が一、ウロコや水垢が付着しても新世代コーティングを施工することで、柔らかいタオルやスポンジ等で優しく拭き取れば、いとも簡単に綺麗が蘇ります

その結果、お客様の多くは日常生活において、洗面台ガラスをメンテナンスする手間が省け、これまでのストレスが軽減。

また、いつまでも洗面台ガラスの美しさが長続きしますので、朝メイクする時間や、髪の毛をセットする時間でさえも楽しくなります。

ガラスはあなたの心をも映し出す鏡です。

朝から綺麗なガラスを通して自分を見ることで、より明るい1日が過ごせますよ。

圧倒的な速乾性

新世代コーティングは、丁寧なガラス研磨技術との相乗効果により、施工後約10分で指でも触れるレベルに硬化し、約5時間が経過した段階で完全硬化します。

そのため、他社で行うガラスコーティングよりも短時間で乾くため、乾ききる前に埃や汚れが付着する心配もありません。

また、一般住宅だけでなく商業施設や旅館、ホテルであっても、営業時間への影響を限りなく最小限に抑えて施工できます。

このように、弊社「ガラス再生研磨技術」と「新世代コーティング」を組み合わせることで、よりお客様の生活が豊かになり、今まで悩んでいたガラスに関するトラブルが一気に解消されるでしょう。

洗面台ガラスには、キャビネットと一体型となり容易にガラス交換できないものも数多く出回っております。

そういった状況で思い入れのある洗面台を手放したくはありません。

ぜひ、弊社のガラス研磨技術と新世代コーティングによって、愛用している洗面台と長くお付き合いして頂ければと思います。

GTOS新世代コーティングについてお気軽にご相談ください!

新世代コーティングは、弊社ガラス再生研磨技術と大変相性がよく、一度綺麗になったガラスの水垢やウロコ、汚れの再付着を永年防止します。

他社のガラスコーティングよりもスピーディーに乾き、その効果も長続きします。

実際、他社のガラスコーティングによって汚れが2週間ほどで付着してしまったと悩まれていたお客様も、弊社の新世代ガラスコーティングを施工することで、約1年8ヶ月経過した段階でも、汚れの再付着がなく綺麗なままだったと大変喜ばしい声が聞かれています。

また、新世代コーティングは洗面台ガラスだけでなく、浴室ガラス、お車のフロントガラスや住宅の窓ガラスに施工するなど、ガラスであれば全て対応可能です。

たとえば、以下は同じ気象条件下(同日)で駐車した車のフロントガラスの霜付着を比較した画像です。

新世代コーティング施工車比較

ご覧いただければその差は歴然ですが、新世代コーティングを施工した画像右のフロントガラスについては霜1つ降りていません。

放射冷却で地熱が放射され、空気がキンキンに冷えている状況ですので、放置すると朝方には霜がびっしり。

しかし、水捌けの良い新世代コーティングなら水滴がフロントガラス全体に広がらず、雫の状態のまま流れ落ちます。

これがG,T,O,Sの新世代コーティングの威力です。

まとめ

G,T,O,Sグループは、ガラスあるところ全ての場所でお困りのお客様に対して、全国でも希少なガラス研磨技術を提供して参りました。

他の業者がお手上げである深いガラス傷・水垢・ウロコ・酸焼け・塩害に対して、ガラス交換を一切することなく、ガラス研磨のみで傷を完全修復。

ガラス業者がお客様に対して、ガラス交換を提案することは簡単ですが、ガラス交換には本体代・交換費用・輸送費と多くの費用が発生し、お客様にとっても負担です。

弊社のガラス研磨技術であれば、当然ですが、ガラス交換に必要な本体代・交換費用・輸送費は、一切かかりません

当社の算出では、ガラス交換と比較し、40%ものコスト削減効果がございます。

ぜひ、ガラス交換せずにガラスの美しさを取り戻したい方は、新世代コーティングと合わせてガラス研磨サービスもご検討ください。

ガラス研磨の効果を自分の目で確認したい!

このような方には、無料でテスト施工・サンプル施工も可能でございます。

ぜひ、以下のリンクよりお気軽にお問い合わせください。

▼高い技術力でガラスに関するお悩みを解決!

before・after画像

弊社:ガラス再生研磨・新世代コーティング施工例

ガラスのお悩み、何でもお気軽にご相談ください!

― 安心損害保険対応 ―

作業により破損があった場合には全額弁済致します。

お問合せ・お見積りはこちら

温泉施設・ホテル等嬉しいお客様の声はこちら!

お客様の嬉しいお声はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

single