1. HOME
  2. ブログ
  3. ガラス傷
  4. フェラーリに頻発するフロントガラスの傷研磨ならGTOSガラス研磨技術へ

BLOG

ブログ

ガラス傷

フェラーリに頻発するフロントガラスの傷研磨ならGTOSガラス研磨技術へ

フェラーリ

突然愛車のフロントガラスに石が飛び跳ねる、または車高が低いために汚れが付着しやすいなど、フェラーリにフロントガラス傷はつきものです。

特に高速道路やサーキットでの走行など、スピードが出やすい状況ではこの傾向も顕著。

本記事では、ガラス研磨専門業者であるGTOSが、フェラーリになぜフロントガラス傷が頻発するのか解説いたします。

また、フロントガラス傷をガラス交換なしで修復する弊社「ガラス再生研磨技術」についてもご紹介。

フェラーリに関するフロントガラスのお悩みなら、ぜひ弊社にご相談ください。

フェラーリにフロントガラス傷が多い理由

フェラーリ

フェラーリに限らず、スーパーカー全般に言えることですが、フロントガラス傷が頻発します。

ここでは、その理由を詳しくご紹介。

車高が低いため

フェラーリのオーナー様ならすでにご承知の事実ではありますが、フェラーリをはじめとしたスーパーカーは非常に車高が低い。

そのため「飛び石がフロントガラスに衝突しやすい」傾向も。

また、車高の低さによって前方視界が確保できず、道路上の障害物の発見が遅れるなどの影響もあります。

スーパーカーを所有するオーナー様の特権でもありますが、車高の低さによってフロントガラスが傷つきやすいです。

スピードが出やすいため

スーパーカーのオーナー様なら、ドライブでスピードを出して走りを楽しみたい方も多いですよね。

極太のハイグリップタイヤでついついスピードを出してしまうと、飛び石だけでなく、タイヤの溝に挟まったさまざまな汚れも飛び跳ねます。

スピードを出せば出すほど、このような状況が発生しやすく注意が必要です。

特に、冬タイヤを装着して走行している場合、夏タイヤよりも素材が柔らかいため、小石や汚れが挟まりやすいです。

冬タイヤ装着時は、スピードはほどほどにするなど気をつけたいところ。

誤った洗車方法

車高が低く、汚れが付着しやすいフェラーリのフロントガラス。

それだけにオーナー様は、念入りに洗車をしてメンテナンスをされる方も多いです。

しかし、カーシャンプーなどを使った洗車を行う場合、充分な水で洗い流さなければ、成分がフロントガラスに残り、酸焼けを引き起こしてしまう場合も。

酸焼けとは、主に酸性成分がガラスに付着したまま放置されることで、直射日光や空気中のガスと化学反応を引き起こし、ガラス表面が白化してしまう現象。

一見、ガラス表面が白く汚れているように見えますが、これは化学反応によって生じる侵食であるため、通常のメンテナンスでは落とすことができません。

愛車だからこそ、こまめにメンテナンスをされるオーナー様が多いとは思いますが、洗車の際にはフロントガラスを充分な水で洗い流してください。

フェラーリのフロントガラス傷対策について

フェラーリ

ここでは、フェラーリをはじめとしたスーパーカーのフロントガラス傷に対して、どのような対策を講じればよいのかご紹介いたします。

フロントガラス交換

もっとも手っ取り早く、フロントガラス傷を除去する方法が、フロントガラス交換です。

ガラス自体を新品に交換してしまうため、傷問題が解決するのは当然といえば当然ですが、もちろんデメリットもあります。

それは、フェラーリのフロントガラスは、交換費用だけで40万円以上と高額

また、車高が低いために新品に交換後も、またすぐにフロントガラスが傷ついてしまうリスクがあり、都度交換をしていてはコストパフォーマンスも悪化します。

このことから、やむを得ない場合を除き、フロントガラス交換はあくまで最終的な対策として、検討されると良いです。

ウインドウプロテクションフィルム

ここ最近注目されているのが、フロントガラスを強力に保護する「ウインドウプロテクションフィルム」。

プロテクションフィルムとは、車の塗装面やガラス面を強力に保護する特殊保護フィルムのこと。

カーコーティングよりも保護性能が高く、飛び石傷やスクラッチ傷から愛車を守り、フロントガラスへの傷予防策として注目されています。

プロテクションフィルムは、一度施工してもまた剥がすことができ、フィルムが劣化した場合や外的要因で傷ついてしまった場合には何度でも張り替え可能です。

車高が低くフロントガラスが傷つきやすいため、予防策として導入される方も。

一方でデメリットとしては、フロントガラス交換よりは価格が抑えられるものの、1泊2日ほどの施工期間と、7〜10万円の費用がかかります。

また、プロテクションフィルムはガラス傷予防には有効ですが、実際にガラス傷がついてしまった車には意味がありません。

ウインドリペア

ウインドリペアとは、飛び石等によりついたフロントガラス傷に対して、傷の中に樹脂を埋め込んで補強し、傷全体を目立たなくする補修方法。

フロントガラスに付着した直径が1〜2cmほどの傷であれば、状況にもよりますがウインドリペアで対応できる場合が多いです。

しかし、直径が2cmを超えるガラス傷はウインドリペアでは対応できないと言われることが多く、そういった場合には、ほとんどのケースでガラス交換を勧められます。

また、ウインドリペアは補修する業者によって対応範囲が分かれ、自信のない業者に依頼してしまうと2cmほどの傷でも、フロントガラス交換を勧められる場合も。

さらに、ウインドリペア自体が傷を完全に修復するのではなく、あくまで補修法の1つであるため、可能性は低いですが傷が再発するケースもあります。

小さな傷であればウインドリペアでも問題ありませんが、大きな傷・複雑な傷の場合には対応が難しいでしょう。

ガラス研磨

フェラーリ

ガラス研磨とは、簡潔に申し上げるとフロントガラス表面を「削る」+「磨く」技術によって、ガラス傷を修復する方法。

単に削る、磨くといった作業ではなく、深いガラス傷であってもガラス表面を130度と高温にして施工する特殊な技法を採用しています。

ウインドリペアでは対応できないと言われた傷、ガラス交換でしか対応できないと言われた傷でも、ガラス交換をすることなく修復可能です。

最大のメリットは、ガラス交換をする場合の費用と比較し、1/4のコストで施工できる点です。

フロントガラスに傷がつきやすいフェラーリだけに、都度交換をしていては、コストパフォーマンスが悪化しますが、費用が抑えられるガラス研磨ならその都度メンテナンスも可能。

ガラス交換のように海外からガラス本体を取り寄せる時間もかからず、ガラス研磨なら即日対応できます。

唯一のデメリットとしては、全国に施工できる業者が少ないこと。

弊社のようにガラス研磨を専門とする業者が少ないため、多くの場合、近くの業者に相談するとガラス交換を勧められてしまいます。

弊社は全国対応でガラス研磨を専門としていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

フェラーリのフロントガラス傷をガラス交換なしで解決!GTOSガラス再生研磨

フェラーリ

フェラーリのフロントガラスに深い傷がついてしまった場合、ほとんどのケースではガラス交換と言われてしまいます。

弊社のようなガラス研磨専門業者が全国に少ないため、当然といえば当然ですが、スーパーカーで都度ガラス交換をしていては大変です。

ウインドウプロテクションフィルムでガラス傷を予防することはできますが、万が一、ガラスが傷ついてしまった場合には、ガラス交換だとコストパフォーマンスが悪化してしまいますよね。

弊社ならフェラーリの深いフロントガラス傷に対しても、特殊なガラス研磨技術で解決いたします。

これまでポルシェ、フェラーリ、ジャガー、アルファロメオ、クラシックカーなど輸入車への施工実績も豊富で、ガラス交換の1/4のコストしかかからないため、多くのお客様にお喜びいただきました。

輸入車のフロントガラスを修復したいけどガラス交換だと時間と費用がかかる

ガラス交換よりもさらに手軽にフロントガラスを修復したい

こういった場合には、全国でも希少なガラス研磨専門業者である弊社へ、お気軽にご相談ください。

ガラス研磨の効果を間近で確認したいという場合には、無料でのテスト施工・サンプル施工も対応可能

ぜひ、フェラーリのフロントガラス研磨なら、GTOSヘご相談ください。

▼高い技術力でガラスに関するお悩みを解決!

フェラーリ

弊社:ガラス再生研磨・新世代コーティング施工例

ガラスのお悩み、何でもお気軽にご相談ください!

― 安心損害保険対応 ―

作業により破損があった場合には全額弁済致します。

お問合せ・お見積りはこちら

温泉施設・ホテル等嬉しいお客様の声はこちら!

お客様の嬉しいお声はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

single