1. HOME
  2. ブログ
  3. ガラスうろこ
  4. タワーマンションの窓ガラス汚れを落としたら乱反射が!?ガラストラブルならGTOSへ

BLOG

ブログ

ガラスうろこ

タワーマンションの窓ガラス汚れを落としたら乱反射が!?ガラストラブルならGTOSへ

タワーマンションにお住まいの方は、暑くなる季節に、窓ガラスから強い日差しを受けたことはありませんか。

特にガラス面積も広く、大型ガラスを採用されているタワーマンションでは、日差しが強い傾向にあります。

実はタワーマンションの窓ガラスに関して、意外と知られていない事実なのですが、ガラス表面にUVカットコーティングと呼ばれる紫外線がカットされるコーティングが施工されている場合があります。

UVカットコーティングは、夏場の強い日差しから私たちの肌や家具を守る大変優れたものなのですが、窓ガラスの手入れを誤るとコーティングが剥がれてしまう場合も

本記事では、ガラス研磨を専門とする弊社にご相談にこられたお客様の事例をもとに、UVカットコーティング施工の窓ガラスやタワーマンション窓ガラスの特徴ついてご紹介します。

また、UVカットコーティング施工の窓ガラスをお掃除する際の注意点もお届けしますので、ぜひ参考にしてください。

記事後半では、タワーマンションの窓ガラストラブルをまとめて解決する、弊社G,T,O,Sガラス研磨技術をご紹介いたします。

窓ガラスコーティングとは

近年、紫外線が強くなり、室内にいても紫外線による影響が心配されています。

紫外線が室内に届くことで、シミやたるみなど肌へのダメージはもちろん、肌の炎症、乾燥肌など健康へのさまざまな影響が指摘されています。

また、紫外線は私たちの体だけでなく家具やインテリアなどの劣化を早めてしまうため、より注意が必要。

こういった紫外線の影響を考慮して、室内でも紫外線カット効果の高い日焼け止めを塗る方がいらっしゃいますが、やはりご自宅ですと日焼け止めは塗りたくないという方が大半。

そこで、近年では窓ガラスにUVカットコーティングを施した「窓ガラスコーティング」が注目されています。

窓ガラスコーティングとは、窓ガラスに特殊なコーティング剤を塗布することで、紫外線や熱をカットする施工技術のこと。

窓ガラスの一部分だけでなく、利用するお部屋の窓全てに施工することで、紫外線の影響を最小限に食い止めることができます。

タワーマンションの窓ガラスにはUVカットコーティングが施工済みの場合も

紫外線から私たちの健康や家具の劣化を守るUVカットコーティングですが、実はタワーマンションなどの、強い日差しが降り注ぐ状況ではすでにコーティングされている場合があります。

新築時に施工したUVカットフィルムが劣化した場合など、高確率でUVカットコーティングが施工されているケースも。

とはいえ、UVカットコーティング自体は、窓ガラスの見た目では非常にわかりにくいため、後から入居された方が気づかないことが多いです。

こうした状況で、たとえば窓ガラスに付着した汚れを落とそうと、ゴシゴシと擦ってしまった場合、UVカットコーティングが剥がれてしまう結果に。

一度、UVカットコーティングが剥がれてしまうと、紫外線の影響をダイレクトに受けてしまい、ガラスによっては乱反射することで窓ガラスが眩しく直視することができません。

実際に弊社にご相談にこられたお客様の中には、タワーマンションの窓ガラスにUVカットコーティングが施工されていることを知らず、お掃除をしてしまったケースがあります。

ゴシゴシと擦ってしまったことで、UVカットコーティングが剥がれてしまい、紫外線カット効果も低下

それだけではなく窓ガラスを強く擦り、ガラス表面に無数の傷がつき、乱反射が発生してしまいました。

このように、タワーマンションの窓ガラスを知らずにお掃除してしまうと、UVカットコーティングを剥がしてしまうリスクがあり注意が必要です。

ゴシゴシと擦るのではなく、柔らかい布で優しく撫でるようにお掃除を行いましょう。

タワーマンションの窓ガラストラブルならGTOS「ガラス研磨技術」へ

今回、タワーマンションにおいて窓ガラスをお掃除する際に、UVカットコーティングを剥がしてしまった事例をご紹介しました。

このケースで問題として挙げられる点は、2つございます。

  • UVカットコーティングが剥がれてしまった
  • ガラス表面に傷が付いてしまった

1つは、お掃除によってUVカットコーティングが剥がれてしまい、紫外線カット効果が消失してしまった点。

そして、もう1つは窓ガラスを強く擦ったことで、ガラス表面が傷つき、乱反射が発生してしまった点です。

実は、これらの悩みは全て、弊社の「ガラス研磨技術」および「ガラスフィルム」で解決可能!

1つずつ詳しくご紹介します。

窓ガラスの強い日差しは遮熱フィルムで解決

弊社では、ガラスフィルムに関して「飛散防止フィルム」「防犯フィルム」「遮熱フィルム」「断熱フィルム」の取り扱いがございます。

このうち遮熱フィルムなら、窓ガラスから降り注ぐ直射日光を抑制でき、高層階のタワーマンションでありがちな直射日光による室内温度上昇、眩しさを軽減します。

弊社の取り扱う遮熱フィルムは、窓ガラスに貼り付けることで、直射日光を抑制し、室内への日射熱を約50%削減可能

夏場降り注ぐ日差しのもとで、カーテンを閉める必要はありませんし、眩しくて生活しづらいという悩みからも解放されます。

UVカットコーティングが剥がれてしまった場合でも、再度遮熱フィルムを貼り付けることで、本来の窓ガラスに戻ります。

深いガラス傷もガラス研磨技術で解決

UVカットコーティングの問題は解決しましたが、窓ガラスを強く擦りすぎたことで生じるガラス傷が解決していません。

そういった場合には、弊社「ガラス再生研磨技術」で完全解決可能。

ガラス再生研磨技術とは「削る」+「磨く」という2つの先進的技法を組み合わせた、ガラス再生研磨技術のことです。

従来ではガラス交換でしか対応できなかったガラスの深い傷・水垢・ウロコ・酸焼け・塩害も、ガラス交換することなく解決できます。

比較的浅いガラス傷に対しては、水の力を利用してガラスに負担をかけることなく、優しく傷を除去する「ウェット工法」を使用します。

また、ウェット工法では対応できない化学反応によって生じる「ガラス焼け」等の深いガラス傷には「ドライ工法」と呼ばれる特殊技術で完全修復。

ドライ工法は、ガラスの表面温度を130度まで上昇させて傷を消す専門技術ですが、温度上昇によりガラスが膨張しますので、ガラス破損のリスクを伴い、実績のあるガラス業者でしか導入することはできません。

弊社、G,T,O,Sグループでは、長年ドライ工法について研究と実績を重ねて参りましたので、ガラス破損をすることなく、ドライ工法を導入可能。

タワーマンションの深いガラス傷や、水垢、ウロコは弊社にとっては、修復できて当たり前です。

長年培ってきた実績と経験を持って、1つ1つ丁寧に施工しております。

タワーマンションにおいて、UVカットコーティングが剥がれてしまった場合、またコーティングをし直せば良いということでもありません。

というのも、UVカットコーティングが剥がれてしまったガラスには小さな無数の傷が付着していることが多いためです。

この傷を放置したまま、UVカットコーティングを施工してもガラス傷が解決していないため、乱反射の問題も改善しません。

UVカットコーティングを再度施工する前に、ガラス傷を綺麗に修復することで、UVカットコーティングの本来の性能が発揮されます。

ぜひ、タワーマンションのガラス傷を綺麗に修復したい場合には、G,T,O,Sグループへお気軽にご相談ください。

ガラス交換と比べて、おおよそ1/4のコストでガラスを綺麗にいたします。

また、別途メニューにはなりますがガラス研磨後に、弊社「新世代コーティング」を施工すると、ガラス汚れ・ウロコ・水垢・酸焼け・塩害の永年防止も可能です。

以下のリンクよりお気軽にお問い合わせください。

▼高い技術力でガラスに関するお悩みを解決!

弊社:ガラス再生研磨・新世代コーティング施工例

ガラスのお悩み、何でもお気軽にご相談ください!

― 安心損害保険対応 ―

作業により破損があった場合には全額弁済致します。

お問合せ・お見積りはこちら

温泉施設・ホテル等嬉しいお客様の声はこちら!

お客様の嬉しいお声はこちら

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

single