1. HOME
  2. ブログ
  3. ガラス傷
  4. 差は歴然!フロントガラスの霜よけ対策ならGTOS「新世代コーティング」へ

BLOG

ブログ

ガラス傷

差は歴然!フロントガラスの霜よけ対策ならGTOS「新世代コーティング」へ

フロントガラス霜付着

突然の寒波襲来。

朝起きると、愛車のフロントガラスに霜が付着していることはありませんか?

フロントガラスに霜が付着すると、暖機運転をして霜を解氷したり、ときには霜よけカバーをかけたりと、朝の忙しい時間にはちょっと面倒ですよね。

本記事では朝の面倒な霜対策におすすめのGTOSが提供する「新世代コーティング」についてご紹介します。

霜よけカバーや解氷スプレーを活用せずとも、コーティングのみで霜よけを行える特殊技術!

ぜひ、朝の面倒な霜の解氷作業でお悩みの方は参考にしてください。

フロントガラスに霜が付着する原因とは

フロントガラス霜付着

霜よけ対策に高い効力を発揮するGTOS「新世代コーティング」をご紹介する前に、フロントガラスに霜が付着する原因についてご紹介します。

原因を理解することで、事前に対策を講じることもできますから参考にしてください。

外気温が4度以下

愛車のフロントガラスに霜が付着する最大の原因に外気温が挙げられます。

特に、地表から1.5mの高さが外気温4度以下になると、霜が降りやすい条件が整います。

外気温が4度以下ということは、地表温度が氷点下のことが多く、より霜が降りやすい傾向に。

ここ数日の外気温を確かめつつ、外気温4度以下の日が続く兆候を感じたら、フロントガラスの霜よけ対策を行いましょう。

前日の夜が雲のない快晴

外気温4度以下の条件に加えて、前日の夜が雲1つない快晴ですと、熱がこもらず「放射冷却」によってフロントガラスに霜が降りやすいです。

放射冷却とは、太陽の熱で温められた地面の熱が、太陽の出ていない夜間帯に放射(熱を外に放つこと)され、空気が冷えてしまう現象のこと。

特に、雲1つない快晴であると熱の放射を遮るものがないため、より放射冷却が進み外気温の低下が加速すると言われています。

逆に雲が多い夜は、放射冷却を遮るため、あまり気温は低くなりません。

気温の低さに加えて、雲が少ない快晴の夜は霜が降りる可能性が高いです。

湿度が高い

基本的に冬の夜は、乾燥し湿度が低い条件であることが多いです。

しかし、気温の低下と共に雨や雪が降り、一時的に湿度が高い状況に移行すると空気中の水蒸気が増えるため、フロントガラスに霜が付着する可能性が高いです。

前の晩に、気温だけでなく湿度も確認しておきましょう。

フロントガラスの霜よけ対策について

新世代コーティング施工事例

フロントガラスに霜が付着する原因を理解できたところで、フロントガラスの霜よけ対策をご紹介したいと思います。

状況に応じて複数の対策を行うと、フロントガラスへの霜付着を抑制できます。

霜よけカバーを設置する

最も手軽で霜よけに効果がある方法として、霜よけカバーの装着が挙げられます。

霜よけカバーは、ホームセンターやネットショッピングで気軽に購入でき、価格も数千円ほど。

コストパフォーマンスも良く、実際に霜よけ効果も高いので、1枚購入しておいて損はないかと思います。

デメリットとしては、車のフロントガラスサイズに合わせて購入する必要があるということと、取り外しが面倒です。

前の晩に、霜よけカバーをフロントガラスに設置して、翌朝出勤前にカバーを取り外す必要があります。

霜が付着しないのはありがたいですが、忙しい朝にはやや面倒という印象。

解氷スプレーを使用する

霜よけカバーと同様に手軽な対策として解氷スプレーがあります。

解氷スプレーは、フロントガラスに付着した霜や雪を落とすために用いるスプレーのこと。

車用の解氷スプレーには、エタノールや解氷剤が含まれており、短時間でフロントガラスの霜を解氷できます。

また、エタノールが含まれているため一度スプレーを行うと、再凍結を防いでくれて非常に便利!

デメリットとしては、毎回解氷スプレーを使用すると、コストもかかり経済的ではありませんし、液だれが生じたらきちんと拭き取る必要もあります。

寒冷地でお車を使用される場合には、解氷スプレーだけでは経済的にも効率的にも良くないため別の対策も検討しましょう。

撥水コーティングを行う

フロントガラスへの霜付着を防ぐには「撥水コーティング」も有効です。

あまり一般的には知られていませんが、撥水コーティングの【撥水効果】によってフロントガラスに付いた水滴が全面に広がりません。

これが霜よけに効果を発揮します。

具体的には、通常何も施工していないフロントガラスに水が付着すると、全体に流れるように水が広がります。

この水の広がりが、気温低下と共に冷却され、フロントガラス全体を凍りつけてしまうわけです。

一方、フロントガラスに撥水処理を行うと、たとえ水が付着しても全体に流れるのではなく水滴状に変化。

水滴ですとフロントガラス全体に広がることができず、水滴同士の結合を抑制します。

水滴同士が結合できないため、たとえ外気温が冷え込んでも、霜や凍結に移行しません。

また、撥水コーティングを行うことで霜よけ対策以外にも、フロントガラスに汚れが付着せず、綺麗な状態を維持できて一石二鳥。

気象条件にもよりますが、霜よけカバーや解氷スプレーがなくてもフロントガラスに霜がつかないため、朝の忙しい時間もラクですね。

【注意】フロントガラスにお湯をかける行為はNG

フロントガラス研磨

弊社はガラス研磨の専門業者として、日々、一般住宅・温泉施設・ホテル・マンション・お車等のガラストラブルと向き合っています。

ガラスに関して専門的なサービスを行っていますが、特に注意してほしいのがガラスに急激な温度変化を与えてしまうこと

霜よけに関していえば、フロントガラスにお湯をかける行為は絶対にやめてください。

フロントガラスが放射冷却で冷えているところに、お湯をかけることで、急激な温度差が生じガラスが破損するリスクがあります。

基本的には、フロントガラスにお湯をかけずに解氷スプレーを活用することをおすすめします。

フロントガラスの霜よけ対策にはGTOS「新世代コーティング」へ

ガラスフィルム

ガラス研磨の専門業者GTOSでは、フロントガラスの霜よけ対策に高い効力を発揮する独自コーティング「新世代コーティング」をご提供しています。

新世代コーティングとは、一般的に知られている撥水コーティングとは違い、撥水効果・汚れ再付着の永年防止・高い速乾性など一度に複数の効果が得られる弊社独自のコーティング技術。

他社のコーティングでは2週間で汚れが再付着してしまったお客様でも、弊社の新世代コーティングを施工することで、1年以上汚れ付着が気にならないと嬉しいお声をいただいております。

下地処理をしっかり行うため、短時間でガラス表面にある、目に見えない細かな穴にコーティングが浸透し、施工後約10分で乾燥が始まります。

他社にはない密着性の高い剥がれにくいコーティングが最大の魅力!

当然、フロントガラスの霜よけにも高い効力を発揮します。

以下は、フロントガラスに何も施工していない車と弊社「新世代コーティング」を施工した車を比較した画像です。

新世代コーティング施工車比較

ご覧いただければ、その差は歴然!

新世代コーティングを施工した車では、冷え込みが氷点下という状況においても、フロントガラス表面に全く霜が付着していません。

同じ条件で駐車したもう一方の車は、新世代コーティングを施工していないため、フロントガラスに霜が降りています。

フロントガラスの霜よけと、汚れの再付着防止を同時に実現できる、他社にはない特殊コーティングの効果をぜひご体感ください。

「本当に効果があるの?」と不安な方には、無料でテスト施工・サンプル施工も対応しております。

ぜひ、フロントガラスの凍結や霜よけ、汚れ付着に関するお悩みはGTOSへご相談ください。

※GTOSでは、フロントガラスの霜よけ対策以外にも、フロントガラスの水垢・ウロコ・酸焼け・傷消しについても完全対応しています。

フロントガラスの傷を綺麗に修復してから新世代コーティングを施工することで、高い効力を発揮しますので、ぜひ合わせてご検討ください。

>>GTOSのフロントガラス傷消し技術をさらに詳しく

お見積もりは無料にて下記のリンクよりご相談可能です。

▼高い技術力でガラスに関するお悩みを解決!

新世代コーティング施工車比較

弊社:ガラス再生研磨・新世代コーティング施工例

ガラスのお悩み、何でもお気軽にご相談ください!

― 安心損害保険対応 ―

作業により破損があった場合には全額弁済致します。

お問合せ・お見積りはこちら

温泉施設・ホテル等嬉しいお客様の声はこちら!

お客様の嬉しいお声はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

single