シャワールームのガラスウロコ・水垢にはGTOSガラス再生研磨技術がおすすめ!

最近ではデザイン性を重視したホテルが増加していることもあり、シャワールームが一面ガラス張りになっているなんてことも。

とてもおしゃれで優雅な気持ちになるガラス張りのシャワールームですが、よく見るとガラスに水垢やウロコが付着していることもあります。

せっかく宿泊したのに、ガラスに水垢やウロコが付着していて曇っていてはガラス張りの意味がありません。

ここでは、ホテルシャワールームのガラス・水垢が付着する原因や、ガラス研磨の専門業者である弊社がお届けしている「ガラス再生研磨」サービスについてお届けします。

シャワールームガラスの現状「従業員には時間がない」

ガラス張りのシャワールームは、宿泊者をとてもおしゃれで優雅な気持ちにさせてくれるため、最近では導入するホテルや旅館なども多いように思います。

一見、綺麗でピカピカに磨き上げられたガラスに見えますが、実はよく見ると洗い残しがあり、シャワールームガラスの片隅にウロコや水垢が付着していることも。

おそらくガラスをよく観察する弊社だからこそ気づくのかもしれませんが、なぜホテルや旅館の従業員さんは徹底したお掃除、メンテナンスをしているにもかかわらずウロコや水垢が発生してしまうのでしょうか。

弊社にご依頼をいただくホテルや旅館等を観察してみたところ、ある共通点が浮かび上がりました。

それは「従業員さんには時間がない」ということ。

もちろんホテルや旅館の従業員さんはお掃除もメンテナンスも徹底しています。

しかし、次のチェックインに備えて短時間で決められた時間内で清掃を完了する必要があるんです。

繁忙期は特にどのホテル、旅館でもこの傾向が見られます。

するとシャワールームのガラスにはどのようなことが起こるでしょうか。

短時間で清掃を完了しなければならないため、ガラス自体の洗い残しや、すすぎ残しが生まれ、目には見えない小さなウロコや水垢が発生します。

この段階ですと、おしゃれな照明ともあいまって小さなウロコや水垢に気づくことは稀です。

また気づいたとしても短時間で清掃を終了しなければならず、小さなウロコや水垢にまで手が回らないのが現状でしょう。

このような理由から、ホテルのガラス張りシャワールームには水垢やウロコが発生しやすいと言えます。

新規オープンのスパやホテルもたった4ヶ月でウロコが付着

さきほどご紹介した現象は新規オープンのスパやホテルでも見られます。

実際にご依頼があったスパやホテルではオープン後たった4ヶ月でシャワールームに頑固な水垢やウロコが付着してしまったケースもございました。

このように、従業員さんが徹底してお掃除をしていても、思ったよりも水垢やウロコは頑固なので付着してしまうのです。

シャワールームのガラスにウロコや水垢が付着する原因

前章のようにホテルのシャワールームガラスには、ウロコや水垢が付着しやすい背景がありました。

しかし、それ以外にもシャワールームのガラスに水垢やウロコが付着しやすい原因がありますので、おさらいしておきましょう。

各地域の水質が影響している

ホテルのシャワールームのガラスに付着する水垢やウロコは、各地域の水質も関係しています。

たとえば、水道水にカルシウムが多く含まれている地域もあれば、鉄分が多く含まれている地域もあります。

これら水質の違いによって、水垢が付着しやすい状況が発生します。また、温泉が湧き出ている地域であれば温泉成分が水質に混じり、頑固な水垢やウロコが発生する場合もあります。

さきほどは、従業員さんを例に挙げましたが、このようにもともと地域性によって水垢やウロコが付着しやすい状況もあるんですね。

ハウスクリーニング業者が間違った方法で清掃をしている

意外と盲点になりがちですが、シャワールームのガラスに頑固な水垢やウロコが付着している場合、ハウスクリーニング業者が間違った清掃方法をしている場合もあります。

というのもハウスクリーニング業者の多くはガラスが専門ではなく、あくまでハウスクリーニングが専門です。

つまりガラスの事情を熟知している弊社のような業者は全国的に見ても少ないのです。

たとえば、シャワールームガラスのウロコや水垢を除去しようと、キメの荒いパッドで強く擦ってしまうなどが見られます。

確かにガラス表面をキメの荒いパッドで削り取れば、一時的に水垢やウロコを落とすことはできますが、ガラスに傷をつけながら削り取っているため、すぐにウロコや水垢が再付着してしまいます。

このように意外にもハウスクリーニング業者に依頼したことで、水垢やウロコがひどくなってしまったということも。

シャワールームのガラス水垢・ウロコにはGTOS「ガラス再生研磨技術」

ホテルの従業員さんは限られた時間の中で一生懸命清掃やメンテナンスをしています。みなさん接客のプロですから、本当に気持ちが良いサービスを展開しています。

ただ、シャワールームのウロコや水垢については清掃の分野でも特殊であり、従業員さんの努力だけではどうにもできないこともあるんです。

そんなときこそ、ガラス専門業者にお任せください!

弊社のガラス再生研磨技術は、従来では落とすことができなかったガラスの頑固なウロコや水垢も、専用の機材を用いて数十ミクロ単位で調査をし、ガラスに歪みが出ないよう最適なガラス研磨を行うことが可能。

ガラス研磨をサービスにしている業者自体が少ないため、お客様の中にはガラス汚れはガラス交換でしか対応できないと考えている方も少なくありません。

しかし、現代ではガラス研磨技術も進化し【ガラス傷は消す時代】になりました。

弊社では、深いガラス傷や汚れに関しても「ドライ工法」と呼ばれる他社では導入が難しい研磨技術を採用しています。

これは、ガラス表面温度を約130度近くにまで上昇させて、削りとる作業のため常にガラス破損のリスクがございます。

他のガラス業者ですと、ガラス破損を恐れてしまいなかなか導入できない方法です。弊社では、ドライ工法についても長年の経験がございますので、臆することなく必要に応じて使い分けることが可能です。

ガラス交換をすることなく完全に綺麗に元通りにする技術力がございますので、シャワールームガラスの水垢やウロコに関しても徹底除去可能。

そのほか、弊社ではガラスを綺麗に研磨した後に施工する「新世代コーティング」と呼ばれるサービスも提供しております。

新世代コーティングを実施することで、ガラス研磨後の水垢・ウロコの再付着を永年防止できます。

どれだけガラスの水垢やウロコを綺麗に取れても、またシャワールームに再付着してしまったら意味がありませんよね。

そのような場合に新世代コーティングを施工することによって、再付着防止を抑制しその後の従業員様によるメンテナンスが楽になります。

短時間で作業をしなければならない場合でも、新世代コーティングがあることで従業員さんの負担が軽くなるのです。

ぜひこの機会に、ガラス研磨サービスと合わせて新世代コーティングにつきましてもご検討頂けましたら幸いです。

ご相談お見積もりは無料となり、多くの実績でお客様にご納得のいくサービスを提供しております。

▼ホテルのシャワールーム、ウロコ・水垢も綺麗に元通り!

弊社:ガラス再生研磨:新世代コーティング施工例

ガラスのお悩み、何でもお気軽にご相談ください!

― 安心損害保険対応 ―

作業により破損があった場合には全額弁済致します。

お問合せ・お見積りはこちら

温泉施設・ホテル等嬉しいお客様の声はこちら!

お客様の嬉しいお声はこちら