1. HOME
  2. ブログ
  3. ガラスうろこ
  4. G,T,O,Sフロントガラスの傷修理特集!虫の跡からワイパー傷まで完全対応

BLOG

ブログ

ガラスうろこ

G,T,O,Sフロントガラスの傷修理特集!虫の跡からワイパー傷まで完全対応

フェラーリ

突然愛車のフロントガラスに石が飛び跳ねる

劣化したワイパーによってワイパー傷がつく

フロントガラスに付着した虫の跡を落とそうとしたら傷がついてしまった

このように、愛車のフロントガラスには、さまざまなガラストラブルが頻発します。

直径が1〜2cmほどの小さな傷であれば、ガラスリペアなどでも修理可能な場合が多いですが、それ以上の大きさや傷の場所によってはフロントガラス交換が一般的。

しかし、一口にフロントガラス交換といっても10万円程度、社外品や国産品の場合には8万円ほどかかる場合が多い傾向です。

もっとリーズナブルにフロントガラス傷を修理できないか

本記事では、このような悩みを抱える方を対象に、弊社が提供する「ガラス研磨技術」を用いて修理する方法を、ご紹介します。

通常、ガラスリペアでは対応できず、ディーラーへ問い合わせるとフロントガラス交換を勧められるケースでも、ガラス研磨技術を用いることで約1/4のコストで修理可能です。

フロントガラス傷の修理に関するお悩み

フェラーリ

フロントガラス傷の修理に関するお悩みには、主に以下の種類があります。

  • ワイパー傷
  • 虫の跡
  • 飛び石
  • 誤った洗車方法

フロントガラス傷の度合いこそ、さまざまですが、特に気をつけなければならないのが、傷が付着してから修理までの期間です。

たとえば、高速道路の走行や夜間の運転時に、フロントガラスへ虫の死骸が付着しますが、その中には強い酸性の体液を持つ虫が含まれています。

もちろん、虫が付着してから、すぐに洗い流せば問題ありませんが、3日以上放置してしまうと、酸性の体液が太陽光と化学反応を起こし「酸焼け」という状態に移行。

酸焼けとは、酸性成分が太陽光と化学反応を起こすことで発生し、ガラス表面が白く焼けてしまう現象のこと。

一見、ガラスが白く汚れているように感じますが、化学反応によって発生しているため、通常のお掃除では落とすことができません。

また、酸焼けは、ガラス表面を侵食してしまうため、ガラスリペアなどで取り除くことが難しく、多くの場合、高額なフロントガラス交換を勧められます。

このように、フロントガラスに付着する虫の跡や死骸を例に紹介しましたが、ガラス傷や汚れを放置してしまうと、軽度なものでも状況が悪化してしまいますので、ご注意ください。

そのほか、ワイパー傷や飛び石傷に関しても「小さな傷だから大丈夫」と放置してしまうと、フロントガラスに衝撃が加わることで、さらに傷が悪化してしまうケースもみられます。

ガラス傷や虫の跡を発見した際は、できるだけ早く対処してみてください。

フロントガラス傷の修理方法

フロントガラス傷

では、フロントガラスに傷が付着した場合、どのように修理すれば良いのでしょうか。

フロントガラス傷を修理する方法は、大きく分けて、以下の4つです。

  • 修理方法①:自分で修理
  • 修理方法②:ガラスリペア
  • 修理方法③:フロントガラス交換
  • 修理方法④:ガラス研磨

フロントガラスに付着した傷に対して、修理の判断をどのようにすれば良いのか、詳しく紹介します。

修理方法①:自分で修理

フロントガラスに付着した傷の程度によっては、ご自身でフロントガラス傷を修理することも可能。

傷の直径が1cm以下」「傷の位置がフロントガラスの端ではない」という条件のもと、修理の判断をしてみてください。

ただし、フロントガラス傷を自分で修理する目安としては、浅い引っ掻き傷や直径が1cm以下の傷が中心。

直径が1cm以上のガラス傷に関しては、広範囲に補修する必要があり、一般の方が修理するのは難しいでしょう。

また、ガラス傷がフロントガラスの端にある場合、振動によっていずれ大きなガラス割れにつながる危険性があります。

こういったケースでは、自分で修理せず、専門の業者やディーラーへ相談してください。

上記条件を満たした上で、フロントガラス傷の修理や交換をする時間がないという方は、市販のガラスリペアキットを活用するのも良いでしょう。

ただし、ご自身で修理する場合、ガラス傷の深さを見極めることができず、不十分な補修につながるケースもあります。

安易に修理せず、まずは専門業者に相談してみることをおすすめします。

ご自身でフロントガラス傷を修理する方法については、以下をご覧ください。

>>フロントガラスの傷消しを自分で修理する方法について解説!

修理方法②:ガラスリペア

傷の直径が1cm以下」「傷の位置がフロントガラスの端ではない」という条件であれば、ガラスリペアで対応できる可能性があります。

まずは、ガラスリペアで対応可能か、ガラス専門業者またはディーラーへ相談してみましょう。

ただし、フロントガラス傷が、以下のような状況だと、フロントガラス交換でしか対応できない場合もあるため、ご注意ください。

  • 運転視界にガラス傷やヒビが入っている
  • フロントガラスのサッシ付近に傷やヒビが入っている
  • デフロスターからの風が当たる場所に傷やヒビが入っている

修理方法③:フロントガラス交換

フロントガラスに入った傷やヒビが「1cmを超えている」「傷の位置がフロントガラスの端にある」このような場合には、フロントガラス交換で対応するケースが多いでしょう。

ただ、なかには1cm未満の傷やヒビであっても「長期間放置されている」「複雑なヒビが入っている」など、ガラスリペアでは対応できないケースも。

ご不安な場合には、ガラス専門業者やディーラーへ相談し、相見積もりをとっておきましょう。

修理方法④:ガラス研磨

フェラーリ

全国に施工できる業者はまだ少ないですが、弊社のように、ガラスリペアでもなく、ガラス交換でもない「ガラス研磨技術」でフロントガラス傷を修理する方法もあります。

ガラス研磨技術とは、フロントガラス表面に入った傷に対して「削る」+「磨く」2つの技法を駆使し、修理する方法のこと。

単に削る、磨くといった作業ではなく、深いガラス傷であってもガラス表面を130度と高温にして、削り磨く特殊な技法です。

これまで、ディーラーやガラス専門業者に相談すると「フロントガラス交換しか手段がない」と言われた、傷であっても、ガラス交換することなく修理可能。

フロントガラス交換だと「ガラス本体代」「輸送費」「取り付け費用」などがかかり、合計すると10万円ほどの費用が発生します。

また、社外品であっても合計8万円以上の費用がかかり、非常に高額。

しかし、ガラス研磨技術であれば、ガラス交換の費用と比較して約1/4のコストで施工できます。

また、フロントガラス交換なら注文から取り付けまで、日数がかかりますが、ガラス研磨技術の場合、注文や取り付けという工程を省略できるため、即日対応可能!

唯一のデメリットは、全国に施工できる専門業者が限られているため、多くの場合、近くの業者に依頼するとガラス交換を勧められます。

弊社は、全国に加盟店のネットワークがございますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お問合せ・お見積りはこちら

フロントガラス傷の修理費用と作業時間

次に、ガラスリペア、フロントガラス交換、ガラス研磨技術に分けて、フロントガラス傷の修理費用や作業時間を、解説します。

ガラスリペア

ガラスリペアの場合、傷の程度によっても修理費用は異なりますが、おおむね15,000〜30,000円が相場。

そして、作業時間ですが、ガラス交換に必要な注文や取り付けなどの工程は省略できるため、30〜40分ほどで済みます。

ただし、繰り返しになりますが「傷の直径が1cm以下」「傷の位置がフロントガラスの端ではない」など、ガラスリペアで対応できる範囲には限りがあります。

まずはガラスリペアでも対応可能なのか、ガラス専門業者またはディーラーへ相談してみてください。

フロントガラス交換

フロントガラス交換の場合「ガラス本体代」「輸送費」「取り付け費用」がかかります。

そのため、ガラスリペアよりも高額で、交換になった場合の費用は、10万円前後が相場。

また、輸入車のフロントガラスなど特殊なケースでは、40万円前後の費用がかかることもあり、フロントガラスの種類によって相場は変動します。

なお、純正品以外の社外品や国産品で対応する場合でも、8万円ほどはかかると想定してください。

ガラス交換の期間ですが、フロントガラスの種類によって異なり、通常は注文から取り付けまで日数がかかります。

以下の記事も合わせて、ご覧ください。

>>輸入車のフロントガラス交換はもう古い?ガラス交換なしでガラス傷を再生

ガラス研磨

「ガラスリペアでは対応できない」「フロントガラス交換では高額すぎる」といったケースでは、ガラス研磨技術がおすすめです。

また「迅速にガラス傷を修理したいけど、ガラス交換だと日数が必要」とお悩みの場合にも、ぜひご検討いただければと思います。

「削る」+「磨く」2つの技法を駆使し、ガラスに付着した深い傷についても、綺麗に修理可能。

費用は「ガラス本体費用」「輸送費」「取り付け費用」がかからないため、フロントガラス交換と比較した場合、約1/4に抑えられます。


また、フロントガラス交換のように、注文から取り付けまで日数がかからず、即日修理可能な点もメリットです。

フロントガラスの傷修理で、お困りの場合には、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問合せ・お見積りはこちら

フロントガラスの傷修理ならG,T,O,S

弊社、G,T,O,Sグループでは、ガラスリペアでは対応できない深い傷に対して、フロントガラス交換を実施せずに傷を修理する「ガラス再生研磨技術」を提供しています。

個人所有のお車だけでなく、トラック・バス・タクシーなど商用車におけるフロントガラス傷の修理実績も多数!

以下のようなお悩みでお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • ディーラーに持って行ったらガラス交換しかないと言われた
  • ガラスリペアでは対応できないと言われた
  • 近くにガラス研磨専門業者がいない
  • ガラス交換よりもリーズナブルに修理したい

弊社、G,T,O,Sグループは全国展開しており、お車のフロントガラストラブルに迅速に対応いたします!

フロントガラスの再生研磨 対応範囲

弊社「ガラス再生研磨技術」によって、対応可能なフロントガラスは、以下の通りです。

高級外車・輸入車

高級外車、輸入車のフロントガラスは、非常に高額です。

しかし、ガラス再生研磨技術なら、ガラス交換と比較し約1/4の費用で、修理可能!

これまでポルシェ・フェラーリ・ジャガー・アルファロメオ・レクサスをはじめとした、さまざまなお車にガラス再生研磨技術を施工してきました。

お客様には、大変お喜びいただいています。

>>フェラーリに頻発するフロントガラスの傷研磨ならGTOSガラス研磨技術へ

>>輸入車のフロントガラス交換はもう古い?ガラス交換なしでガラス傷を再生

センサー付きフロントガラス

センサー付きフロントガラスとは、自動ブレーキに代表されるADAS(先進運転システム)を搭載したフロントガラスのこと。

近年、安全上の観点から、フロントガラス内部にカメラやセンサーが取り付けられたお車を見かける機会が多いかと思います。

このようなフロントガラスは、今後ますます需要が高まりますが、ADAS搭載車は未搭載車と比較して、フロントガラスの交換費用が約2倍。

フロントガラスの精度が向上しているため、仕方ありませんが、個人のお客様にとって急な出費は非常に、厳しいですよね。

弊社では、センサー付きフロントガラスの研磨作業も、完全対応しています。

安全性を確保した上で、フロントガラス交換費用を抑えたい

フロントガラスのセンサー稼働範囲に影響を出さずに、ガラス傷を修理したい

このような場合には、ぜひご検討ください。

センサー付きフロントガラスの交換費用と比較し、1/4以下のコストでガラスを修理いたします。

>>センサー付きフロントガラスの交換費用は高額!交換要らずで傷を再生するガラス研磨技術とは

商用車

GTOSガラス再生研磨技術「観光バス施工事例」

トラックや観光バスは、日々運行し、汚れやガラス傷が蓄積しやすい傾向。

単なるフロントガラス汚れから、強力な水垢、ウロコ、酸焼け、深いガラス傷まで、G,T,O,Sグループは、ガラス交換することなく対応可能!

全国に加盟店のネットワークがございますので、ぜひお気軽にご相談ください。

>>トラックガラスにこびりついたウロコを取り除く!GTOSガラス再生研磨

ガラス研磨のサンプル施工無料!ぜひお試しください

GTOSガラス再生研磨技術「輸入車フロントガラス施工事例」

現在、G,T,O,Sグループでは、お客様に弊社のガラス再生研磨の効果をご体感いただくため、サンプル施工を無料にて実施しております。

サンプル施工によって、効果にご納得いただけない場合には、施工をキャンセルいただいても問題ございません。

愛車のフロントガラス傷でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

お気軽に以下リンクよりお問い合わせください。

▼高い技術力でガラスに関するお悩みを解決!

before・after画像

弊社:ガラス再生研磨・新世代コーティング施工例

ガラスのお悩み、何でもお気軽にご相談ください!

― 安心損害保険対応 ―

作業により破損があった場合には全額弁済致します。

お問合せ・お見積りはこちら

温泉施設・ホテル等嬉しいお客様の声はこちら!

お客様の嬉しいお声はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

single